東京黄昏 ~ LIFE HACK BLOG ~

城南クラスタ/IT/戸建て/ベンチャー/書評など

モバイルデバイスを中心にusb-cの端子を備えた端末が増えてきています。

nintendo switchにも採用され、普及の兆しが見えてきたusb-c ですが、従来のUSB端末と充電の面でどう違うのか調べて見ました。

規格 電流 電圧 電力
USB 1.x and 2.0 500 mA 5V 2.5W
USB 3.x 900 mA 5 V 4.5 W
USB Battery Charging (BC 1.2) 0.5 - 1.5 A 5 V 2.5 - 7.5 W
USB Type-C 1.5 A 5 V 7.5 W
USB Power Delivery 1.0 2 A 5 V 10 W
1.5 A 12 V 18 W
3 A 12 V 36 W
5 A 12 V 60 W
3 A 20 V 60 W
5 A 20 V 100 W

マウスやキーボードなどは2.5W、外付けDVDは4.5Wで動作するように設計されているものが多いようですが、nintendo switchは7.5W/18Wで給電されるため、出力の弱い充電器やモバイルバッテリーでは充電できません。
Mac BookなどのノートPCにもusb-cを充電規格として採用しているものがありますが、基本的にはUSB Power Deliverlyに対応した充電機器じゃないと充電できません。
※USB-A→USB-Cを変換して接続はできますが、出力が足りないため、機器の充電ができません。


Anker PowerPort Speed 1 PD30 (Power Delivery対応 30W USB-C急速充電器)
MacBook Proでも充電可能

Anker PowerPort Speed 1 PD30 (Power Delivery対応 30W USB-C急速充電器)Anker PowerPort Speed 1 PD30 (Power Delivery対応 30W USB-C急速充電器)

Anker
売り上げランキング : 549

Amazonで詳しく見る

Anker PowerCore+ 20100 USB-C
15WでMacBook Proに給電できます。

Anker PowerCore+ 20100 USB-C (Type-Cポート搭載 大容量 モバイルバッテリー) 新しいMacBook、iPhone、Android各種他対応 (ブラック)Anker PowerCore+ 20100 USB-C (Type-Cポート搭載 大容量 モバイルバッテリー) 新しいMacBook、iPhone、Android各種他対応 (ブラック)

Anker
売り上げランキング : 3110

Amazonで詳しく見る